サイトマップ

京都 片泊まり

京都で片泊まりができるお宿をご案内いたします。

「京都片泊まり」(きょうとかたとまり)「京都片泊まりの宿」と聞いて、最初は、どんな宿泊なのかと思われる方も少なくないのではないでしょうか? 

京都片泊まりというのは、「夕食なし、朝食だけ」という、町屋に宿泊することを云います。

「せっかく京都に行くんだから、京町屋に泊まりたい。でも、夕食は自分の好きなところに食べに行きたい」そんなわがままが言えるのも、一泊朝食付きの「片泊まりの宿」ならではですね。

京都には老舗料亭やおいしいお食事処やがたくさんあるので、こうした片泊まりの宿をうまく使いこなせば、もっと京都を楽しむことができます。

「京都片泊まり」のことを、B&Bと紹介している記事もありますが、あれはイギリスの Bed & Breakfast(ベッド&ブレックファスト)と言って、ベットと朝食がついた、日本の民宿やペンションのようなものです。

「京都片泊まり」とB&Bを一緒にしてしまうのはちょっと悲しいものがあります。
同じ一泊朝食付きですが、やっぱり風情が違います。

京都で片泊まりの宿に泊まるなら、やっぱりおススメは町家です。
あの、うなぎの寝床のように奥に細長くて、風を通す土間があって、奥には小さいながらもちゃんとした中庭があるのが京都の町家です。

最近では、町家レストランや、町家カフェなどのお店も増えてきました。

京都には、京都らしい、京都にしかない、京都情緒たっぷりの建物や町家、それにたくさんの文化遺産があります。

京都にお越しになるみなさんが、京都を存分に楽しんでいただけるよう、少しでもお役に立つ情報を発信していきたいと思います。

京都 町家(町屋)

京都で片泊まりができる町屋をお探しですか?
京都の宿泊で人気があるのは、どれも京都ならではの町家です。

京都の町家はよく「うなぎの寝床」と言われていますが、それは狭い間口の割りに、奥行きが長いつくりになっているからです。入り口から奥まで「通り庭」と呼ばれる土間が続き、一番奥には「坪庭」があります。

また台所は「走り庭」と呼ばれ、「おくどさん」と呼ばれるかまど、そして流しがあります。京都の町家は江戸時代中期には既にあったようですが、蛤御門の変(1864年)で焼失してしまい、現存する家のほとんどは、明治〜大正時代にかけて再建されたものだそうです。

町家といっても実は種類が様々で、典型的な町家というのが「中二階」と呼ばれるもの。屋根が表から奥までつながっていて、天井が低く、虫籠(むしこ)窓と呼ばれる窓がついています。畳はもちろん「京間」と呼ばれるもので、サイズが統一されています。

また、人気のある片泊まりの宿には、以前はお茶屋さんだったという宿も少なくありません。中には「一見さんお断り」だったという「お茶屋さん」もあります。

京都の町家には、北山杉や丹波の松をはじめとする木、石や土など自然の天然素材がふんだんに使われていますから、夏の暑さや冬の寒さ、じめじめとした梅雨にも強く、長持ちしているのです。

京都を訪れる際には、ぜひ一度町屋の宿で、自然を身近に感じてみてはいかがでしょうか。

町家 坪庭

京都 ゲストハウス

京都で ゲストハウス 町屋をお探しですか?
京都で宿泊費をできるだけ安くしたいという人には、京都 ゲストハウス 町家がおすすめです。

ゲストハウスというのは、いわゆる素泊まりの宿、安宿のことで、当然食事は付いていませんし、アメニティの設備もなく、トイレやお風呂などは共同になります。

しかし、一泊2,500円〜という料金設定が多く、京都で暮らしているかのように、京都に滞在したい人にはおすすめです。 お部屋は、男女別々のドミトリー、ツインやトリプルなどの個室があります。

京都熊野神社近くにある京都ゲストハウス和楽庵は、築100年以上の町家を改装したお宿、また、和楽庵2号店のゲストハウス楽座は、祇園にある元はお茶屋さんだった町家を再生したお宿です。

ゲストハウスはお金の心配をしないで、のんびりゆったり京都を旅したい人にはとても有り難い宿泊施設ですね。

錺屋(かざりや)は、烏丸五条にある町家ゲストハウス、江戸時代から続く薬屋さんだったという町家には、当時の看板が飾られています。

ゲストハウス金魚家さんは、西陣にある京町家のゲストハウスで、素泊まりだけでなく朝ごはんが付いた宿泊も選ぶことができます。

朝ごはんには金魚家さんの自家製米がいただけますし、おかわり自由のご飯とお味噌汁で古き良き日本の朝ごはんを堪能してください。

ホテルや旅館などと比べると不便なことも多少あるかもしれませんが、人との出会いや地元の人とのふれあいなどを大切にしたい人におすすめなゲストハウス。

かつての京都人が暮らした町家で、当時の暮らしを垣間見ながら、しばし過ごしてみてはいかがでしょうか。

京都 町屋


京料理 グルメ

京都には片泊まりが楽しめる町家だけでなく、古い町家を改装してカフェやレストランとして営業しているお店も少なくありません。

やはり京都を訪れたら、一度は立ち寄ってみたいのが、町家カフェですよね。
京都で人気のあるカフェ&レストランといえば「サラサ」です。

タバコ屋さんだった町家を改装して誕生したのが、三条会商店街にある「サラサ3」です。全部で4軒あるサラサのお店の中でも、こちらのランチが一番おすすめですが、混雑した時間より人気の少ないティータイムが狙い目です。

サラサ3ではテイクアウトもOK!
中でもおすすめなのがちょっと甘めで種類も豊富なマフィンです。

他にも新京極に近い「さらさ花遊小路」、お風呂屋さんを改装したという「サラサ西陣」、京都市役所に近い「サラサマンジェ」などがあります。

地下鉄鞍馬口駅近くにあるのが町家カフェ「フランジパニ Prangipani」です。
小林聡美さんと小泉今日子さんが主演した映画「マザーウォーター」のロケ地でもあります。そのためか訪れる人が後を絶ちません。

同じくロケ地となったのが、白川疏水通りにある「Shizuku しずく」です。こちらは町家ではありませんが、ランチやカフェだけでなく、晩ご飯もいただけます。

仏光寺の北側、とても立派な構えが人目を引く町家「カフェマーブル」。
町家特有の「火袋」と呼ばれる吹き抜けの天井には美しい梁(はり)が、そして明かり取り用の天窓が見えます。

カフェマーブルで使っている野菜はすべて大原で育てられた無農薬野菜、それがぎっしと詰まったキッシュもおすすめです。また、カフェマーブルのタルトはとても美味しいと評判です。

まだまだ紹介したいお店がたくさんありますが、
ぜひ一度、京都の町家カフェでほっこりしてみてくださいませ。

京料理 グルメ

京都と言えば京料理、京懐石が有名ですが、老舗料亭では敷居が高いと思われる方には、京町家で気軽に楽しめるランチがおすすめです。

京都ならではの雰囲気を味わえるのが、最近話題の町屋ランチです
御所東エリアには隠れ家的雰囲気が漂う町家レストランが点在しています。

京都御所近くにある京料理「御所雲月」は、人気も高く、リーズナブルな京料理ランチが楽しめます。特に桜や紅葉の時期は予約でいっぱいですから、前もっての予約をおすすめします。

町屋ランチといっても、和食に限らず、イタリアン、フレンチ、カフェなど様々なジャンルの料理が楽しめます。

京町家を改築したという小さなフレンチのお店「アターブル」は、地元で愛され続けること20年、京町家特有の縦長のうなぎの寝床のような店内が意外と落ち着きます。地元京都の野菜をふんだんに使ったランチがおすすめです。

またパスタが自慢の「パスタコレクション月道」は、1500円のランチでもメインのパスタにショートとロングからそれぞれ1品を選ぶことができ、さらに焼き立てのフランスパンはなんとお代わり自由なんですよ。

京都でも、いわゆる"町家風カフェ"ではなく、本物の町家カフェが、「京都生ショコラ オーガニックティーハウス」です。本物の町家だからこそ、京都の暑い夏でも涼しい風が通ります。

京都の町家でランチをいただきながら、四季のうつろいを身近に感じてみてはいかがでしょうか。

はも

京都 町家(町屋)

京都のホテルに飽きたら、京町家で特別なひとときを過ごしてみませんか?

御泊処「京町屋 相国寺庵」(しょうこくじあん)は、京都市営地下鉄烏丸線・鞍馬口駅より徒歩7分のところにある「鳴き龍」で名高い相国寺に隣接する純粋な町屋です。

御泊処「京町屋 相国寺庵」は、町屋一棟をたった一組のお客様だけにお貸ししています。昔ながらの懐かしい空間、坪庭を眺めながら、京町屋でゆっくりと流れるひとときを楽しみながら、町屋生活を体験してみませんか?


「京町屋 相国寺庵」(しょうこくじあん)

●住所: 京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町699番地2
●連絡先: shokokuji-an@aristocracy.co.jp  
●アクセス: 市営地下鉄烏丸線・鞍馬口駅より徒歩7分  

京町屋1棟(レトロモダン・メゾネットスイート)
【食事】 朝食・夕食なし
【人数】 1人〜4人(子供料金設定有り)
【決済】 事前カード決済
【料金】 16,800円〜25,500円 / 室
※料金は時期によって変動します。

【チェックイン】14:00 (最終チェックイン 25:00)
【チェックアウト】11:00

●駐車場
相国寺庵から徒歩3分の上御霊前通沿い「上御霊コインパーキング」があります。(3台:100円/20分)

●部屋設備・備品
テレビ、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、個別空調、ボディーソープ、シャンプー、ハミガキセット、タオル、バスタオル

●設備・その他
・浴衣などの寝巻き類は各自ご持参くださいませ。
・浴室はシャワーブースのみです。京町家本来の銭湯文化をお楽しみください。
・ガスコンロ・電子レンジ等の加熱装置は、町家保全の為に設置してありません。

京の町屋生活・食事・お風呂の楽しみ方など、詳細は「京町屋 相国寺庵」のHPをご覧くださいませ。

京都 町家(町屋)

京都の文化を満喫したいなら、京都の町屋(町家)に住んでみるという経験をしてみませんか?

御泊処「京町屋 西陣庵」(にしじんあん)は、京都市営地下鉄烏丸線・今出川駅下車、6番出口より徒歩約9分程のところにあります。烏丸通りを京都御所に沿って南下し、一条通りを西へ、そのまま直進、右手にあります。

御泊処「京町屋 西陣庵」は、北欧系家具のリビングルームと、純粋な京町屋の和室、そしてかわいらしい坪庭があります。京都ならではのゆったりとした時間を心おきなくお楽しみください。


「京町屋 西陣庵」(にしじんあん)

●住所: 京都市上京区一条通小川東入西之口町219-7
●連絡先: nishizinan@aristocracy.co.jp
●アクセス: 市営地下鉄烏丸線・今出川駅より徒歩9分  

京町屋1棟(和室&北欧系メゾネットスイート)
【食事】 朝食・夕食なし
【人数】 1人〜4人(子供料金設定有り)
【決済】 事前カード決済
【料金】 16,800円〜25,500円 / 室
※料金は時期によって変動します。

【チェックイン】14:00 (最終チェックイン 25:00)
【チェックアウト】11:00

●駐車場
隣地に一条西洞院コインパーキングが2台分あります。
8:00〜21:00は30分100円、夜間60分100円

●部屋設備・備品
テレビ、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、個別空調、ボディーソープ、シャンプー、ハミガキセット、タオル、バスタオル

●設備・その他
・浴衣などの寝巻き類は各自ご持参くださいませ。
・浴室はシャワーブースのみです。京町家本来の銭湯文化をお楽しみください。
・ガスコンロ・電子レンジ等の加熱装置は、町家保全の為に設置してありません。

京の町屋生活・食事・お風呂の楽しみ方など、詳細は御泊処「京町屋 西陣庵」 のHPをご覧くださいませ。

京料理 グルメ

京都を訪れたら、京都ならではの町屋で食事をしてみたい!と思われる方も多いことでしょう。最近京都では、江戸時代や昭和の初期に建てられた町家が改装され、レストランやカフェなどの店舗として生まれ変わっています。

和食や京都ならではのおばんざいのお店はもちろんのこと、フレンチやイタリアンが楽しめるレストランやカフェ、ラーメン屋さんなどもあります。

町屋造りの宿、懐石「宿 近又」は、創業210周年を迎え、国の登録有形文化財にも登録されています。宿泊は一日3組のみ、京のおばんざいと京懐石が楽しめます。

懐石レストランではもちろんのこと、畳が苦手な方には、お座敷でもテーブル席で食事をいただくことができます。近又は「食べログ ベストレストラン 2010」にも選ばれています。

京都四条通から東洞院通を上がったところにあるのが、築100年という京町家をフレンチレストランとして再生した「French o・mo・ya 東洞院(フレンチ オモヤ ひがしのとういん)」です。

京都町家のお座敷で、庭を眺めながら、信楽焼の器で、箸でいただくフレンチなんていかがですか。平日ならセットランチもあります。また、いちばん奥には「蔵」があり、個室としても利用できます。

創業昭和2年という甘味処[梅園]が、築100年の町家を再生し、その美しい格子戸が街行く人の目を惹きつけているのが、「うめぞの CAFE & GALLERY(うめぞの カフェアンドギャラリー)」です。

坪庭を眺めながら、ここでしか味わえない「名物みたらし団子」や「抹茶わらび餅」などをいただいてみてはいかがでしょうか。
スポンサードリンク
京都片泊まり プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


お気に入りに追加


人気ブログランキングへ