サイトマップ

京都 町家(町屋)

京都で片泊まりができる町屋をお探しですか?
京都の宿泊で人気があるのは、どれも京都ならではの町家です。

京都の町家はよく「うなぎの寝床」と言われていますが、それは狭い間口の割りに、奥行きが長いつくりになっているからです。入り口から奥まで「通り庭」と呼ばれる土間が続き、一番奥には「坪庭」があります。

また台所は「走り庭」と呼ばれ、「おくどさん」と呼ばれるかまど、そして流しがあります。京都の町家は江戸時代中期には既にあったようですが、蛤御門の変(1864年)で焼失してしまい、現存する家のほとんどは、明治〜大正時代にかけて再建されたものだそうです。

町家といっても実は種類が様々で、典型的な町家というのが「中二階」と呼ばれるもの。屋根が表から奥までつながっていて、天井が低く、虫籠(むしこ)窓と呼ばれる窓がついています。畳はもちろん「京間」と呼ばれるもので、サイズが統一されています。

また、人気のある片泊まりの宿には、以前はお茶屋さんだったという宿も少なくありません。中には「一見さんお断り」だったという「お茶屋さん」もあります。

京都の町家には、北山杉や丹波の松をはじめとする木、石や土など自然の天然素材がふんだんに使われていますから、夏の暑さや冬の寒さ、じめじめとした梅雨にも強く、長持ちしているのです。

京都を訪れる際には、ぜひ一度町屋の宿で、自然を身近に感じてみてはいかがでしょうか。

町家 坪庭

京都 旅館

京都を訪れる際に一番気になるのが宿泊先ですよね。
ホテルにしようか?旅館にしようか?誰もが迷うところでしょう。

やはり古都の雰囲気を充分に味わいたいと思うのなら、旅館がおすすめです。

一泊朝食付きの片泊まりが楽しめる町屋もありますが、
京都ならではの「老舗の味」を楽しめるのも旅館ならではでしょう。

修学旅行生や団体客が押し寄せるような大規模な宿泊施設もありますし、
部屋数が少ない、家庭的な場所もあります。
また、高級なお料理が楽しめる料亭のような旅館もあります。

老舗の料亭旅館には、ひっそりとした佇まいの所も多いですから、
本当におしのび感覚で京都の雰囲気を存分に味わうことができます。

また、宿泊場所を選ぶというのも大切なことですね。

京都なら、朝起きて、朝食前のちょっとした時間にも、歩いて散歩が楽しめます。特に、桜の季節や紅葉の季節は、どこも人がいっぱいですから、人の少ない朝の散歩でお花見が楽しめるというのは、ちょっと得した気分になります。

一泊二食付きの旅館では、到着したら翌日の出発まではのんびりと過ごすことができますから、お年を召された方や家族連れにはいいでしょうね。

でも、せっかくなら夜の京都も楽しんでみたいというのであれば、
一泊朝食付きの片泊まりがおすすめです。

その場合は、やはり多くの飲食店が立ち並ぶ四条や河原町、
または祇園などにも近い宿泊先を選ぶというのがいいでしょう。

お櫃うなぎ茶漬け













京都タカシマヤ7F 「うなぎ 徳」  名物お櫃うなぎ茶漬け♪ 

スポンサードリンク
京都片泊まり プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


お気に入りに追加


人気ブログランキングへ