サイトマップ

京都 葵祭 祇園祭 時代祭

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

毎年、5月15日に行われる「葵祭」(あおいまつり)は、日本三勅祭の一つであり、京都三大祭の一つでもあります。葵祭は、上賀茂神社と下鴨神社の例祭で、正式には「賀茂祭」といいます。5月1日から約半月間にわたり、神事や催しが行われます。

葵祭という名前の由来は、社殿や御所車をはじめ、牛馬にいたるまで、全てを葵で飾ったことから、そう呼ばれるようになりました。葵祭は、「源氏物語」にも登場する歴史ある大祭です。古くから「祭」といえば、この「葵祭」のことを指していたそうです。

葵祭のハイライトは、なんといっても「路頭の儀」(ろとうのぎ)です。
平安時代の衣装を身にまとったおよそ500人の行列が、都大路を練り歩きます。行列は、勅使をはじめ検非違使、内蔵使、山城使、牛車、風流傘、斎王代など平安貴族そのままの姿で列をつくり、その優雅な行列は全長1kmにも及びます。

午前10:30に京都御所を出発して、下鴨神社へ、その後上賀茂神社へと向かいます。葵祭のみどころは、「流鏑馬神事」(やぶさめしんじ)。これは葵祭の清めの前儀で、馬を走らせながら的を射抜くという、迫力満点の神事です。当日は13時から糺の森で行われます。


葵祭 祭事予定 【上賀茂神社】

5月 1日:競馬足汰式(くらべうまあしぞろいしき)
5月 4日:斎王代女人列御禊神事(さいおうだいにょにんみそぎのしんじ)
5月 5日:賀茂競馬(かもくらべうま)
5月15日:葵祭(路頭の儀、社頭の儀、走馬の儀)

葵祭 祭事予定 【下鴨神社】

5月 3日:流鏑馬神事(やぶさめしんじ)
5月 4日:古武道奉納
5月 5日:武射神事、他
5月12日:御蔭祭(みかげまつり)
5月15日:葵祭(路頭の儀、社頭の儀、走馬の儀、狂言奉納)

葵祭 当日の予定

10:30 葵祭の行列が京都御所を出発
11:40 下鴨神社に到着予定
14:20 下鴨神社を出発
15:30 上賀茂神社到着予定

深緑の季節、心地よい風の中で再現される平安絵巻を見に、京都に出かけてみませんか?

※日本三勅祭・・・京都:葵祭、八幡祭、奈良:春日祭
※京都三大祭・・・葵祭、祇園祭、時代祭

京都 桜の名所

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

下鴨神社は、「源氏物語」にも登場する京都最古の神社のひとつで、『葵祭り』の舞台でもあります。葵祭りは毎年、5月15日に開催されます。

下鴨神社賀茂川と高野川が合流して鴨川になるその三角州地帯に広がるのが、世界遺産にも登録された古代の森、糺の森(ただすのもり)です。そこを抜けると白砂を敷き詰めた境内が広がります。


ここから、高野川沿いの桜並木をさかのぼることもできますが、賀茂川沿いをさかのぼると、京都府立植物園や、上賀茂神社までの散策が楽しめます。

半木の道紅枝垂れ桜植物園の西側、賀茂川の東岸には「半木の道」(なからぎのみち)と呼ばれる紅枝垂れ桜の並木が続いています。
昨年は、枝先には花をつけていませんでしたが、今年はみごとな花を咲かせていました。

京都府立植物園は、日本を代表する植物園でもあります。広大な敷地におよそ700種類500本もの桜が咲いています。特に今の時期は色鮮やかなチューリップと桜の競演が楽しめます。

そこからさらにさかのぼると、上賀茂神社があります。

上賀茂神社の枝垂れ桜上賀茂神社もまた世界遺産に登録されています。上賀茂神社の枝垂桜も毎年みごとです。どうですか?この枝ぶり!
誰もがその美しさを写真に収めたいとカメラを構えていました。


上賀茂神社には芝生が広がっていますので、家族連れでピクニックには最高です。春の陽ざしを浴びながら桜の花を愛でてください。

神社 仏閣 寺

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

2008年(平成20年)は「子年」です。

十二支は、古来中国から伝えられたものですが、日本でも日だけでなく年、月、時刻、方位の表記に使われています。身近な動物を当てたのは、人々が暦を覚えやすくするためともいわれています。

十二支の一番目のねずみは食料を守り、「寝ず身」という言葉から「勤勉」の象徴ともされてきました。また、「俊敏」「富」「繁栄」の象徴として信仰の対象にもなってきました。

京都で十二支ゆかりの寺社、特に「ねずみ」にちなんだ神社をご紹介します。


下鴨神社【言社】

【住所】京都市左京区下鴨泉川町59
【電話】075-781-0010
【拝観時間】6:30〜17:00

賀茂川と高野川の合流地点に広がる「糺の森」(ただすのもり)。太古からの原生林に囲まれた奥に鎮座する下鴨神社は、世界文化遺産にも登録されています。

中門をくぐったところにあるのが、「言社(えとのしゃ)」です。
ここには、七つの名を持つ「大国主命(おおくにぬしのみこと)」がまつられている七つの社があります。

それぞれが一つまたは二つの十二支の生まれ年の守護神として鎮座しています。下鴨神社は、商売繁盛、事業繁栄の神様として親しまれています。


大豊神社【大国社】

【住所】京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町
【電話】075-771-1351
【拝観時間】境内自由

大豊神社(おおとよじんじゃ)は哲学の道にある小さなお宮で、平安時代に創建されました。末社の大国社(だいこくしゃ)には、狛犬(こまいぬ)の代わりに「狛鼠」(こまねずみ)が鎮座しています。

大豊神社













これは、大国主命が野原に火を放たれた際に、ねずみに助けられたという神話にちなんだものだそうです。その後大国主命は須世理毘売命(すせりびめのみこと)と結ばれ、大国社の本社である出雲大社に鎮座しました。

大黒社は、出雲大社と同じく、縁結びの神様、恋愛の神様として知られています。

スポンサードリンク
京都片泊まり プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


お気に入りに追加


人気ブログランキングへ