サイトマップ

京都 桜の名所

世界遺産である二条城のライトアップは、今年で9回目を迎えます。

二条城内の桜の園や清流園の桜をはじめ、
二の丸御殿台所での生け花や琴の調べを楽しむことができます。

二条城ライトアップ1













城内には、山桜や里桜、八重紅枝垂桜をはじめ、
およそ50種類400本もの桜が咲き誇ります。

また通路を照らすのは、趣向を凝らした足元灯たちです。

二条城ライトアップ2













桜の品種が様々なので、訪れる時期によって花の見所が変わります。

二条城ライトアップ3













桜の園では、関山や太白といった里桜が所狭しと咲いています。

二条城ライトアップ4













また、重要文化財の二の丸御殿台所には豪華な生け花が飾られ、
日に数回、琴の生演奏が楽しめます。

二条城・二の丸御殿台所













お茶席や、京都の名産品の販売もあります。

入場は入替制ですが、和装の方は入場無料ですから、
この機会にぜひお着物でいらしてみてくださいね。


二条城ライトアップ
期間:2010年3月19日(金)〜4月11日(日)
入城料:一般400円/小中高生200円

京都 桜の名所

京都府立植物園の桜も、満開の時期を迎えています。
今なら、真っ赤なチューリップと桜のコラボが楽しめます♪

京都府立植物園エントランス


















こちらは入園料が必要ですが、
(大人:200円、高校生:150円、小・中学生:80円)
桜の時期は、日没から行われるライトアップも見ることができます。

昼の桜と夜の桜が両方楽しめるというのが嬉しいですね。

京都府立植物園の枝垂れ桜


















府立植物園の桜はソメイヨシノだけでなく、紅枝垂れ桜もありますし、
他では見られない種類のチューリップや、様々な花を楽しむことができます。

思った以上に桜の木がたくさんあって、感激しました。

京都府立植物園ライトアップ













こちらが、ライトアップされたエントランスです。

サーチライト以外にも、
京都・東山花灯路で路地に置かれていた行灯たちが花を添えています。

京都府立植物園の夜桜













家族連れなら、ピクニックにも最高です♪
(もちろん、ゴミは各自持ち帰るのが原則ですよ。)

京都府立植物園の夜桜紅白













ここは酒類の持込みが禁止されていますから、
小さいお子さん連れでも安心して夜桜が楽しめます。

昼間訪れて、またライトアップの頃に戻る場合は、
入場券の裏にスタンプを押してもらえばOKです!

ぜひ昼と夜に行って見てくださいね。

京都 桜の名所

春の京都にお越しの際は、片泊まりの宿に泊まり、桜の名所を訪れてみてはいかがでしょうか?

京都市内で、いつも一番先に満開になる桜の名所のひとつが、平野神社です。平野神社には、ここにしかないという珍しい桜が多く、古くから「平野の夜桜」としても全国に知られています。

現在でも約50種、約400本の桜の木があり、それぞれ咲く時期が違うために、およそ1ヶ月間に渡り、桜の花が楽しめます。

平野神社の桜













その中でも、一番多く咲いているのが、魁(さきがけ)桜です。
この魁桜は一重の枝垂れ桜で花の色は白色です。

平野神社の西側、西大路通(バス通り)から入ると、茶店や露店が立ち並び、桜の下には真っ赤な毛氈が敷かれた床机が所狭しと並べられ、お花見の宴を楽しむ人たちが目に飛び込んできます。

平野神社境内













この光景は、京都でもちょっと珍しいですね。

桜の時期は、毎日拝殿にて「平野神社櫻コンサート」が行われます。
また、毎年4月10日には、「櫻花祭」が行われます。

平野神社桜のしおり













夜桜を楽しみたい人には特におススメの場所ですが、花冷えすることもありますから、暖かくしてお出かけくださいませ。


平野神社
住所:京都市北区平野宮本町
TEL:075-461-4450

詳細は平野神社のHPをご覧くださいませ。
http://www.geocities.jp/daa01397/   
 

京都 桜の名所

京都で片泊まりができるお宿をご案内いたします。

京都の春は、なんと言っても桜・桜・桜、お花見ですよね。

京都の中心にある京都御所は、明治維新まで続いた皇居です。
京都御所の参観には、事前の申し込みが必要ですが、
毎年、春と秋には一般公開もされています。

京都御苑近衛池の桜













上の写真は、京都御苑の中にある近衛邸跡にある近衛池の畔に咲く枝垂れ桜ですが、なんとこの近衛池では、カワセミの姿を見ることができます。

近衛邸跡には、およそ60本の「糸桜」と呼ばれる枝垂れ桜(シダレザクラ)が植えられていますが、御所のソメイヨシノが満開になるのは、もう少し先ですね。

京都御苑の枝垂れ桜













2009年の京都御所の一般公開は、天皇皇后両陛下がご結婚されてから、満50周年を迎えると言うことで、通常なら公開されない場所もいくつか公開されるようです。

例年の一般公開のコースでは、紫宸殿、清涼殿、小御所等がありますが、今回は特別公開として、朔平門、皇后宮常御殿、飛香舎、若宮・姫宮御殿などが公開されるそうです。

その他、天皇皇后両陛下のご結婚に関連した品物なども展示されるようです。

京都御苑の糸桜














京都御所 2009年 春季一般公開

日程:2009年4月23日〜2009年4月29日
時間:午前9:00(開門)〜 午後3:30(閉門)
入口:宜秋門(ぎしゅうもん)
出口:清所門(せいしょもん) ※最終退出時刻 午後4:30

京都御所の一般公開は、多くの参観者で混雑が予想されますから、時間に余裕を持ってお出かけくださいませ。

京都 桜の名所

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

下鴨神社は、「源氏物語」にも登場する京都最古の神社のひとつで、『葵祭り』の舞台でもあります。葵祭りは毎年、5月15日に開催されます。

下鴨神社賀茂川と高野川が合流して鴨川になるその三角州地帯に広がるのが、世界遺産にも登録された古代の森、糺の森(ただすのもり)です。そこを抜けると白砂を敷き詰めた境内が広がります。


ここから、高野川沿いの桜並木をさかのぼることもできますが、賀茂川沿いをさかのぼると、京都府立植物園や、上賀茂神社までの散策が楽しめます。

半木の道紅枝垂れ桜植物園の西側、賀茂川の東岸には「半木の道」(なからぎのみち)と呼ばれる紅枝垂れ桜の並木が続いています。
昨年は、枝先には花をつけていませんでしたが、今年はみごとな花を咲かせていました。

京都府立植物園は、日本を代表する植物園でもあります。広大な敷地におよそ700種類500本もの桜が咲いています。特に今の時期は色鮮やかなチューリップと桜の競演が楽しめます。

そこからさらにさかのぼると、上賀茂神社があります。

上賀茂神社の枝垂れ桜上賀茂神社もまた世界遺産に登録されています。上賀茂神社の枝垂桜も毎年みごとです。どうですか?この枝ぶり!
誰もがその美しさを写真に収めたいとカメラを構えていました。


上賀茂神社には芝生が広がっていますので、家族連れでピクニックには最高です。春の陽ざしを浴びながら桜の花を愛でてください。

京都 桜の名所

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都では、清水寺でそろそろ桜が散り初めているようですが、まだまだ各地でお花見が楽しめます。

蹴上インクライン蹴上インクラインは、かつて物資の運搬に使われていたという傾斜鉄道の跡地です。そのうち現在も残っているのは約580mあまり。線路沿いには染井吉野(ソメイヨシノ)が咲き誇っています。


この辺りの疎水沿いには、京都市美術館や動物園があり、疎水沿いの染井吉野もまた身近な桜の名所として親しまれています。

蹴上インクラインから東へ行くと、そこはもう南禅寺です。

南禅寺三門と桜歌舞伎で、石川五右衛門が「絶景かな」と見得を切った有名な三門からは、まさしくその絶景を見ることができます。南禅寺もまた人気の観光スポットのひとつですね。

南禅寺からは、紅葉で有名な永観堂へ、そして若王子神社、大豊神社、安楽寺、法然院から桜の名所・哲学の道へと足をのばすことができます。

哲学の道の桜は、橋本関節画伯の婦人が植栽したものだそうです。そのため「関節桜」と呼ばれています。哲学の道は桜の時期は特に混雑しますので、できるだけ早めの時間帯に訪れることをおススメします。

京都 桜の名所

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都では平年より一週間も早く桜の開花がはじまりました。
2008年3月31日現在、京都市内の桜の開花状況は、つぼみから五分咲き程度です。

京都でお花見が楽しめるのはまだまだこれから。
京都では昼間だけでなく、夜間にも桜が楽しめるように桜のライトアップが行われます。ぜひ一度、夜桜を見に出かけてみてはいかがですか?

祇園白川の桜ライトアップ
白川沿いの枝垂桜がライトに照らし出され、この時期の祇園の町並みは京都の最も美しい景色とも言われるほど。染井吉野(ソメイヨシノ)の並木、舞妓さんが道を急ぐ姿、京町家と石畳、京都、祇園情緒をたっぷりと満喫できる最高の夜になることでしょう。

【住所】:京都市東山区の白川南通沿い(川端通−巽橋の間)
【期間】:3月28日(金)〜4月6日(日)18:00〜22:00
【連絡】:075-561-0970(祇園白川ライトアップ実行委員会事務局)

清水寺 春・夜の特別拝観
「清水の舞台」から見下ろす風景は清水寺ならでは。
夜のライトアップで幻想的に浮かび上がる桜、京都市内の灯も一望できます。

【住所】:京都市東山区清水1-294
【時間】:6:00〜18:00
【連絡】:075-551-1234

夜の特別拝観 
【期間】:3月29日(土)〜4月10日(木)
【時間】:18:30〜21:30
【料金】:大人400円 / 小・中学生200円

桜の時期といってもまだまだ夜間は冷え込みますので、暖かくしてお出かけくださいませ。

スポンサードリンク
京都片泊まり プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


お気に入りに追加


人気ブログランキングへ