サイトマップ

京都 桜の名所

世界遺産である二条城のライトアップは、今年で9回目を迎えます。

二条城内の桜の園や清流園の桜をはじめ、
二の丸御殿台所での生け花や琴の調べを楽しむことができます。

二条城ライトアップ1













城内には、山桜や里桜、八重紅枝垂桜をはじめ、
およそ50種類400本もの桜が咲き誇ります。

また通路を照らすのは、趣向を凝らした足元灯たちです。

二条城ライトアップ2













桜の品種が様々なので、訪れる時期によって花の見所が変わります。

二条城ライトアップ3













桜の園では、関山や太白といった里桜が所狭しと咲いています。

二条城ライトアップ4













また、重要文化財の二の丸御殿台所には豪華な生け花が飾られ、
日に数回、琴の生演奏が楽しめます。

二条城・二の丸御殿台所













お茶席や、京都の名産品の販売もあります。

入場は入替制ですが、和装の方は入場無料ですから、
この機会にぜひお着物でいらしてみてくださいね。


二条城ライトアップ
期間:2010年3月19日(金)〜4月11日(日)
入城料:一般400円/小中高生200円

京都 桜の名所

春の京都にお越しの際は、片泊まりの宿に泊まり、桜の名所を訪れてみてはいかがでしょうか?

京都市内で、いつも一番先に満開になる桜の名所のひとつが、平野神社です。平野神社には、ここにしかないという珍しい桜が多く、古くから「平野の夜桜」としても全国に知られています。

現在でも約50種、約400本の桜の木があり、それぞれ咲く時期が違うために、およそ1ヶ月間に渡り、桜の花が楽しめます。

平野神社の桜













その中でも、一番多く咲いているのが、魁(さきがけ)桜です。
この魁桜は一重の枝垂れ桜で花の色は白色です。

平野神社の西側、西大路通(バス通り)から入ると、茶店や露店が立ち並び、桜の下には真っ赤な毛氈が敷かれた床机が所狭しと並べられ、お花見の宴を楽しむ人たちが目に飛び込んできます。

平野神社境内













この光景は、京都でもちょっと珍しいですね。

桜の時期は、毎日拝殿にて「平野神社櫻コンサート」が行われます。
また、毎年4月10日には、「櫻花祭」が行われます。

平野神社桜のしおり













夜桜を楽しみたい人には特におススメの場所ですが、花冷えすることもありますから、暖かくしてお出かけくださいませ。


平野神社
住所:京都市北区平野宮本町
TEL:075-461-4450

詳細は平野神社のHPをご覧くださいませ。
http://www.geocities.jp/daa01397/   
 

京都 観光

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都片泊まりの宿が多い東山、そこで繰り広げられる京都東山花灯路を飾るのは、京銘竹露地行灯をはじめ、京焼・清水焼露地行灯など全部で7種類の行灯たちです。

京銘竹露地行灯


















特に印象に残った行灯は、石塀小路を彩る、京石工芸露地行灯です。
大通りに面する露地ではなく、奥まった場所だけにあり、
京都らしいとても良い雰囲気でした。ここは特におススメです。

石塀小路の京石工芸露地行灯


















行灯の中でも金属でできた金属工芸行灯はこれだけ。
円山公園の南側の入り口、長楽館前でも見ることができます。

京都花灯路金属工芸行灯


















円山公園内には現代いけばな展をはじめ、
京都・大阪の5大学の学生による伝統の灯り展なども繰り広げられています。

園内を流れる吉水の小川一面には、
約500本の青竹の灯籠が幻想的に光輝いていました。

円山公園吉水の小川青竹灯り













寺社の中でも、ライトアップを行っている高台寺は高台にあるので、
そこからは京都市内の夜景が一望できます。

八坂の塔の隣には、遠く京都タワーが見えます。

八坂の塔と京都タワー













知恩院のライトアップは、紅葉の時期もおススメですが、国宝である三門のライトアップと枝垂れ桜の競演は、今だけしか見ることができません。

この枝垂れ桜、訪れる前日に咲いたばかりということでした。

知恩院山門ライトアップと夜桜













実は、円山公園内にも1本だけ桜が咲いていました。
でもライトアップされていなので、知らない人も多いはず。
お出かけの際は、ぜひお見逃しなく。

2010年の京都東山花灯路は3月22日(月・休)までです。

神社 仏閣 寺

知恩院では、平成23年に元祖法然上人の800年大遠忌を迎えます。
それまでの間、様々なイベントが行われています。

知恩院三門













ライトアップされた知恩院三門(国宝)です。

知恩院観音像と紅葉













友禅染の始祖である宮崎友禅生誕300年を記念して改修造園された庭園、
友禅苑にある池には、観音像が建てられています。

知恩院御影堂前













女人坂を登ると広い境内が、御影堂(国宝)と阿弥陀堂へ続くアプローチには、足元を照らすための行灯が置かれています。

知恩院紅葉













納骨堂の手前の池の脇にも真っ赤な紅葉が。。。

知恩院方丈庭園の紅葉


















方丈庭園の紅葉もライトアップされ、水鏡に映る紅葉がまた美しいです。
こちらの紅葉は、まだこれから見ごろを迎えます。

実際はもっときれいなので、ぜひ足を運んでご覧くださいませ。


知恩院ライトアップ2009

開催期間 : 11月7日(土)〜11月29日(日)
拝観時間 : 午後5時30分〜午後9時30分(受付終了9時)

期間中、御影堂もしくは三門にて、随時コンサートが行われる予定です。

詳しくは、知恩院ライトアップ2009
(撮影日:2009年11月20日)

京都 桜の名所

京都で片泊まりができるお宿をご案内いたします。

京都の春は、なんと言っても桜・桜・桜、お花見ですよね。

京都の中心にある京都御所は、明治維新まで続いた皇居です。
京都御所の参観には、事前の申し込みが必要ですが、
毎年、春と秋には一般公開もされています。

京都御苑近衛池の桜













上の写真は、京都御苑の中にある近衛邸跡にある近衛池の畔に咲く枝垂れ桜ですが、なんとこの近衛池では、カワセミの姿を見ることができます。

近衛邸跡には、およそ60本の「糸桜」と呼ばれる枝垂れ桜(シダレザクラ)が植えられていますが、御所のソメイヨシノが満開になるのは、もう少し先ですね。

京都御苑の枝垂れ桜













2009年の京都御所の一般公開は、天皇皇后両陛下がご結婚されてから、満50周年を迎えると言うことで、通常なら公開されない場所もいくつか公開されるようです。

例年の一般公開のコースでは、紫宸殿、清涼殿、小御所等がありますが、今回は特別公開として、朔平門、皇后宮常御殿、飛香舎、若宮・姫宮御殿などが公開されるそうです。

その他、天皇皇后両陛下のご結婚に関連した品物なども展示されるようです。

京都御苑の糸桜














京都御所 2009年 春季一般公開

日程:2009年4月23日〜2009年4月29日
時間:午前9:00(開門)〜 午後3:30(閉門)
入口:宜秋門(ぎしゅうもん)
出口:清所門(せいしょもん) ※最終退出時刻 午後4:30

京都御所の一般公開は、多くの参観者で混雑が予想されますから、時間に余裕を持ってお出かけくださいませ。

神社 仏閣 寺

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

冬の京都は、訪れる人もそれほど多くありません。

しかし、そんな中でも、雪が降るとたくさんの人が訪れるのが、ここ金閣寺です。 正式には鹿苑寺(ろくおんじ)と言います。

お釈迦様の骨を祀ったと言われる、舎利殿「金閣」が有名なため、金閣寺と呼ばれるようになりました。

雪がなくても、金閣寺はもちろん美しいですが、屋根に雪が積もると、舎利殿「金閣」がいっそう黄金に輝いて見えます。

3層の楼閣のうち、1層は寝殿造で法水院(ほうすいいん)、2層は武家造で潮音洞(ちょうおんどう)、3層は禅宗仏殿造で究竟頂(くっきょうちょう)と呼ばれています。

2層と3層には、漆を塗った上に純金箔が張られています。
そして、屋根の上には鳳凰が輝いています。

また、庭園は室町時代の池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)で、国の特別史跡及び特別名称に指定されています。

他にも、弘法大師が作ったと伝えられている石不動明王がご本尊の不動堂や、茶席・夕佳亭(せっかてい)などがあります。



金閣・鹿苑寺
住所:京都市北区金閣寺町1 
電話:075-461-0013

京都 桜の名所

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

下鴨神社は、「源氏物語」にも登場する京都最古の神社のひとつで、『葵祭り』の舞台でもあります。葵祭りは毎年、5月15日に開催されます。

下鴨神社賀茂川と高野川が合流して鴨川になるその三角州地帯に広がるのが、世界遺産にも登録された古代の森、糺の森(ただすのもり)です。そこを抜けると白砂を敷き詰めた境内が広がります。


ここから、高野川沿いの桜並木をさかのぼることもできますが、賀茂川沿いをさかのぼると、京都府立植物園や、上賀茂神社までの散策が楽しめます。

半木の道紅枝垂れ桜植物園の西側、賀茂川の東岸には「半木の道」(なからぎのみち)と呼ばれる紅枝垂れ桜の並木が続いています。
昨年は、枝先には花をつけていませんでしたが、今年はみごとな花を咲かせていました。

京都府立植物園は、日本を代表する植物園でもあります。広大な敷地におよそ700種類500本もの桜が咲いています。特に今の時期は色鮮やかなチューリップと桜の競演が楽しめます。

そこからさらにさかのぼると、上賀茂神社があります。

上賀茂神社の枝垂れ桜上賀茂神社もまた世界遺産に登録されています。上賀茂神社の枝垂桜も毎年みごとです。どうですか?この枝ぶり!
誰もがその美しさを写真に収めたいとカメラを構えていました。


上賀茂神社には芝生が広がっていますので、家族連れでピクニックには最高です。春の陽ざしを浴びながら桜の花を愛でてください。

神社 仏閣 寺

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

世界文化遺産でもある二条城では、3月25日(火)〜4月19日(土)まで城内の庭園などをライトアップします。

二条城の城内には山桜や里桜、八重紅しだれ桜などおよそ200本の桜が咲き誇ります。そんな庭園で春の宵を楽しんでみてはいかがですか?

また、重要文化財の二の丸御殿台所では、いけばな作品の展示や邦楽による演奏、お茶席や京都の名産品の販売なども行われます。


二条城ライトアップ 2008

【開催期間】平成20年3月25日(火)〜4月19日(土)
【実施時間】日〜木:18:00〜21:00(21:30閉城)
       金・土:18:00〜21:30(22:00閉城)
【入 城 料】大人:400円 / 小中高生:200円

二の丸御殿台所(重要文化財)での催物
  いけばな作品の展示 / 箏曲
   
和太鼓の演奏
  3月28日(金)、29日(土)
  出演:大和(やまと)の響き・京
  
京の名産品展(京都物産出品協会による出店)
  場所:二の丸御殿台所前

お茶席
  場所:清流園(和楽庵)

※曜日によって、実施時間が違いますので注意してください。
※入替制のため、一般公開時間(8:45〜16:00)に入城された方も一旦退城していただきます。
※和装の方は無料で入城できます。
※二の丸御殿・本丸御殿・二の丸庭園・本丸庭園は、御観覧できません。
※一脚・三脚等を使用しての写真撮影はご遠慮ください。
※平成20年2月〜6月は休城日はありません。


二条城
住所:京都市中京区二条堀川西入
問合せ先:元離宮二条城事務所 
電話:075-841-0096

詳細は二条城のHPをご覧くださいませ。
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/

京都 観光

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都・東山花灯路の期間中、特別拝観とライトアップをしている寺院・神社をご紹介します。

圓徳院(えんとくいん)
ねね(北政所)が余生を送ったところです。
国の名勝指定「北庭」と「方丈前庭」がライトアップされます。

【時間】17:00〜21:30(受付終了)「昼の拝観は10:00〜16:30、大人500円」
【拝観料】大人 500円 / 中高生 200円
【問い合わせ】電話075-525-0101
【アクセス】市バス東山安井下車

高台寺(こうだいじ)
高台寺は、ねね(北政所)が開創した寺です。境内の重要文化財をはじめ、名勝庭園、臥龍池の「水鏡」、竹林などがライトアップされます。

【時間】17:00〜21:30(受付終了)「友禅苑の昼の拝観は9:00〜17:00、大人600円」
【拝観料】大人 600円 / 中高生 250円
【問い合わせ】電話075-561-9966
【アクセス】市バス東山安井下車

清水寺(きよみずでら)
「清水の舞台」でも有名な清水寺は、西国三十三ヶ所霊場の第十六番札所です。ライトアップによって国宝の本堂をはじめ堂塔伽藍の美しさが浮かび上がってきます。また市街の夜景も一望できます。

【時間】18:30〜21:30「通年拝観は6:00〜18:00、大人300円・小中生200円」
【拝観料】大人 400円 / 小中生 200円
【問い合わせ】電話075-551-1234
【アクセス】市バス五条坂または清水道下車

法観寺(ほうかんじ)
京都・東山のシンボルでもある五重の塔「八坂の塔」がライトアップされます。

【時間】10:00〜16:00「不定休・夜間拝観はありません」
【拝観料】大人 400円 
【問い合わせ】電話075-551-2417
【アクセス】市バス東山安井または清水道下車

京都 観光

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都・東山花灯路の期間中、特別拝観とライトアップをしている寺院・神社をご紹介します。

青蓮院(しょうれんいん)
天台宗比叡山延暦寺の京都五ヶ室門跡のひとつ、皇室と関わりが深い格式の高い寺院です。また青蓮院のご本尊は光そのものといわれています。幻想的な庭園と神秘的な世界をライトアップで表現します。

【時間】18:00〜21:30(受付終了)「昼の拝観は9:00〜16:30」
【拝観料】大人 800円 / 小中高生 400円
【問い合わせ】電話:075-561-2345
【アクセス】市バス知恩院前か神宮道下車、または地下鉄東山駅下車

知恩院(ちおんいん)
知恩院では、国宝の三門がライトアップされ特別公開の友禅苑から眺める三門は優雅で華麗な世界を照らし出します。友禅苑にはお茶席も設けられています。

【時間】17:30〜21:00(受付終了)「友禅苑の昼の拝観は9:00〜16:00」
【拝観料】大人 500円 / 小中生 150円
【問い合わせ】電話:075-531-2157
【アクセス】市バス知恩院前下車、または地下鉄東山駅下車

八坂神社(やさかじんじゃ)
通称「祇園」(ぎおん)さんと呼ばれ、全国にある祇園社の総本社です。
西楼門がライトアップされ、境内にある108つの灯籠に灯りがともります。

【時間】日没〜21:00(境内自由)「本殿公開は10:00〜16:00」
【拝観料】大人 500円 / 小中生以下 300円
【問い合わせ】電話:075-561-6155
【アクセス】市バス祇園下車

スポンサードリンク
京都片泊まり プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


お気に入りに追加


人気ブログランキングへ