サイトマップ

京都 桜の名所

京都府立植物園の桜も、満開の時期を迎えています。
今なら、真っ赤なチューリップと桜のコラボが楽しめます♪

京都府立植物園エントランス


















こちらは入園料が必要ですが、
(大人:200円、高校生:150円、小・中学生:80円)
桜の時期は、日没から行われるライトアップも見ることができます。

昼の桜と夜の桜が両方楽しめるというのが嬉しいですね。

京都府立植物園の枝垂れ桜


















府立植物園の桜はソメイヨシノだけでなく、紅枝垂れ桜もありますし、
他では見られない種類のチューリップや、様々な花を楽しむことができます。

思った以上に桜の木がたくさんあって、感激しました。

京都府立植物園ライトアップ













こちらが、ライトアップされたエントランスです。

サーチライト以外にも、
京都・東山花灯路で路地に置かれていた行灯たちが花を添えています。

京都府立植物園の夜桜













家族連れなら、ピクニックにも最高です♪
(もちろん、ゴミは各自持ち帰るのが原則ですよ。)

京都府立植物園の夜桜紅白













ここは酒類の持込みが禁止されていますから、
小さいお子さん連れでも安心して夜桜が楽しめます。

昼間訪れて、またライトアップの頃に戻る場合は、
入場券の裏にスタンプを押してもらえばOKです!

ぜひ昼と夜に行って見てくださいね。

京都 観光

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都片泊まりの宿が多い東山、そこで繰り広げられる京都東山花灯路を飾るのは、京銘竹露地行灯をはじめ、京焼・清水焼露地行灯など全部で7種類の行灯たちです。

京銘竹露地行灯


















特に印象に残った行灯は、石塀小路を彩る、京石工芸露地行灯です。
大通りに面する露地ではなく、奥まった場所だけにあり、
京都らしいとても良い雰囲気でした。ここは特におススメです。

石塀小路の京石工芸露地行灯


















行灯の中でも金属でできた金属工芸行灯はこれだけ。
円山公園の南側の入り口、長楽館前でも見ることができます。

京都花灯路金属工芸行灯


















円山公園内には現代いけばな展をはじめ、
京都・大阪の5大学の学生による伝統の灯り展なども繰り広げられています。

園内を流れる吉水の小川一面には、
約500本の青竹の灯籠が幻想的に光輝いていました。

円山公園吉水の小川青竹灯り













寺社の中でも、ライトアップを行っている高台寺は高台にあるので、
そこからは京都市内の夜景が一望できます。

八坂の塔の隣には、遠く京都タワーが見えます。

八坂の塔と京都タワー













知恩院のライトアップは、紅葉の時期もおススメですが、国宝である三門のライトアップと枝垂れ桜の競演は、今だけしか見ることができません。

この枝垂れ桜、訪れる前日に咲いたばかりということでした。

知恩院山門ライトアップと夜桜













実は、円山公園内にも1本だけ桜が咲いていました。
でもライトアップされていなので、知らない人も多いはず。
お出かけの際は、ぜひお見逃しなく。

2010年の京都東山花灯路は3月22日(月・休)までです。

京都 観光

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

「京都・東山花灯路」は、歴史と文化の香り高い東山山麓をめぐる散策路、そして「灯り」と「花」でその辺り一帯を演出します。京の春の宵、白壁や土塀、石塀小路の石畳など京都ならではの様々な表情を見せてくれる町並みをそぞろ歩きしてみませんか?

灯りと花の路
北は青蓮院から、南は清水寺まで、京焼・清水焼、京銘竹、北山杉麿丸太、京石工芸、漆塗行灯、金属工芸の6種類の行灯が約2400基設置され、京都ならではの町並みを演出。

大学のまち京都・伝統の灯り展
会場の円山公園にて、京都の5芸術系大学の学生による「伝統の灯り」をテーマにした作品を展示。

いけばなプロムナード
「灯りと花の路」沿いの10ヶ所に大型花器によるいけばな作品を展示。
前期展:3月13日〜17日 / 後期展:3月18日〜22日

火の用心・お囃子組
地元の学童が、火の用心をテーマにしたわらべ歌を唄い、お囃子を奏でながら「灯りと花の路」を練り歩きます。

学生パフォーマー大集合
円山公園にて、地元の学生によるストリートパフォーマンスを展開。

花灯路文人回廊
青蓮院北側の「あおくすの庭」にて、京都・東山にゆかりのある芸術家10人の作品と歩みを紹介するパネルを展示。

竹灯り・幽玄の川
円山公園内を流れる吉水の小川のせせらぎを、約500本の青竹の灯籠で幻想的に演出。

現代いけばな展
円山公園にて前期展・後期展、合わせて16作品を展示。
前期展:3月13日〜17日 / 後期展:3月18日〜22日

その他、協賛事業として、「狐の嫁入り巡行」や、京行燈辻村「京・日本・ひかり」、日本舞踊「春乃流」による奉納舞踊など、多種多様な催しがあります。

また、青蓮院、知恩院、八坂神社、圓徳院、高台寺、法観寺、清水寺にて、特別拝観とライトアップが行われます。


京都・東山花灯路
【期間】3月13日(土)〜22日(月・休)
【時間】18:00〜21:30

※京都へは公共交通機関をご利用くださいませ。

詳細は下記HPでごらんくださいませ。
http://www.hanatouro.jp/

問い合わせ先:京都・花灯路推進協議会事務局
TEL:075-212-8173

神社 仏閣 寺

知恩院では、平成23年に元祖法然上人の800年大遠忌を迎えます。
それまでの間、様々なイベントが行われています。

知恩院三門













ライトアップされた知恩院三門(国宝)です。

知恩院観音像と紅葉













友禅染の始祖である宮崎友禅生誕300年を記念して改修造園された庭園、
友禅苑にある池には、観音像が建てられています。

知恩院御影堂前













女人坂を登ると広い境内が、御影堂(国宝)と阿弥陀堂へ続くアプローチには、足元を照らすための行灯が置かれています。

知恩院紅葉













納骨堂の手前の池の脇にも真っ赤な紅葉が。。。

知恩院方丈庭園の紅葉


















方丈庭園の紅葉もライトアップされ、水鏡に映る紅葉がまた美しいです。
こちらの紅葉は、まだこれから見ごろを迎えます。

実際はもっときれいなので、ぜひ足を運んでご覧くださいませ。


知恩院ライトアップ2009

開催期間 : 11月7日(土)〜11月29日(日)
拝観時間 : 午後5時30分〜午後9時30分(受付終了9時)

期間中、御影堂もしくは三門にて、随時コンサートが行われる予定です。

詳しくは、知恩院ライトアップ2009
(撮影日:2009年11月20日)

京都 観光

京都で片泊まりができるお宿をご案内いたします。

夏の風物詩と言えば花火大会ですよね。
平安時代の作家、紫式部の源氏物語が世に出てからちょうど今年で千年を迎えます。この記念すべき年に「第48回宇治川花火大会」は、「源氏物語千年紀記念」として、源氏物語をテーマに約7000発の花火を11部構成で約1時間に渡り光のショーを繰り広げます。

オープ二ングを飾るのは、「源氏物語千年の時を越えていま蘇る」と題した約500発の花火です。また赤、緑、紫を使い「千」の文字を表した花火も10発上がります。

本編は、「源氏ろまん」シリーズの9部構成です。宇治が舞台となった源氏物語五十四帖の最後、「宇治十帖」にちなんだタイトルがつけられた「浮船の微笑」からはじまり、紫式部の名にちなんだ紫一色の花火が花開く「紫のゆかり」、そして最後を飾るのは「夢の浮橋」です。

フィナーレは「光源氏は永遠に」で、約1500発の大スターマインが夜空を覆い尽くします。そして、夏の夜の祭典を締めくくるのは、黄金色から白銀へと色を変えながら滝のように流れ落ちる「空中ナイアガラ」。

華麗で雅な花火を見ながら、平安時代に思いをはせてみてはいかがでしょうか。


第48回宇治川花火大会

日時:8月10日(日)19:45〜20:45頃(荒天順延)
場所:府立宇治公園 宇治川畔一帯

※府立宇治公園とその周辺に設けられる有料観覧席以外は無料ですが、宇治橋上やJR宇治川橋梁西の踏切付近、隠元橋上での観覧は禁止されています。
※当日は、午後5時から11時まで会場周辺で交通規制が行われます。

宇治川花火大会の詳細は、宇治市観光協会のHPをご覧くださいませ。
http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/topics/hanabi01.html

花火大会当日は、相当の混雑が予想されます。
そんな中、自宅にいながら宇治川の花火を満喫して欲しいと宇治市のNPO法人「まちづくりねっと・うじ」が、宇治川花火大会をインターネットでライブ中継してくれることになりました。花火大会の様子は「まちづくりねっと・うじ」のホームページでご覧になれます。

宇治まで出かけられない人も、ぜひ平安時代の王朝絵巻をご一緒に!

まちづくりねっと・うじ 
http://www.ujimachi.or.jp/

京都 桜の名所

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都では、清水寺でそろそろ桜が散り初めているようですが、まだまだ各地でお花見が楽しめます。

蹴上インクライン蹴上インクラインは、かつて物資の運搬に使われていたという傾斜鉄道の跡地です。そのうち現在も残っているのは約580mあまり。線路沿いには染井吉野(ソメイヨシノ)が咲き誇っています。


この辺りの疎水沿いには、京都市美術館や動物園があり、疎水沿いの染井吉野もまた身近な桜の名所として親しまれています。

蹴上インクラインから東へ行くと、そこはもう南禅寺です。

南禅寺三門と桜歌舞伎で、石川五右衛門が「絶景かな」と見得を切った有名な三門からは、まさしくその絶景を見ることができます。南禅寺もまた人気の観光スポットのひとつですね。

南禅寺からは、紅葉で有名な永観堂へ、そして若王子神社、大豊神社、安楽寺、法然院から桜の名所・哲学の道へと足をのばすことができます。

哲学の道の桜は、橋本関節画伯の婦人が植栽したものだそうです。そのため「関節桜」と呼ばれています。哲学の道は桜の時期は特に混雑しますので、できるだけ早めの時間帯に訪れることをおススメします。

京都 桜の名所

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都では平年より一週間も早く桜の開花がはじまりました。
2008年3月31日現在、京都市内の桜の開花状況は、つぼみから五分咲き程度です。

京都でお花見が楽しめるのはまだまだこれから。
京都では昼間だけでなく、夜間にも桜が楽しめるように桜のライトアップが行われます。ぜひ一度、夜桜を見に出かけてみてはいかがですか?

祇園白川の桜ライトアップ
白川沿いの枝垂桜がライトに照らし出され、この時期の祇園の町並みは京都の最も美しい景色とも言われるほど。染井吉野(ソメイヨシノ)の並木、舞妓さんが道を急ぐ姿、京町家と石畳、京都、祇園情緒をたっぷりと満喫できる最高の夜になることでしょう。

【住所】:京都市東山区の白川南通沿い(川端通−巽橋の間)
【期間】:3月28日(金)〜4月6日(日)18:00〜22:00
【連絡】:075-561-0970(祇園白川ライトアップ実行委員会事務局)

清水寺 春・夜の特別拝観
「清水の舞台」から見下ろす風景は清水寺ならでは。
夜のライトアップで幻想的に浮かび上がる桜、京都市内の灯も一望できます。

【住所】:京都市東山区清水1-294
【時間】:6:00〜18:00
【連絡】:075-551-1234

夜の特別拝観 
【期間】:3月29日(土)〜4月10日(木)
【時間】:18:30〜21:30
【料金】:大人400円 / 小・中学生200円

桜の時期といってもまだまだ夜間は冷え込みますので、暖かくしてお出かけくださいませ。

京都 観光

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都・東山花灯路の期間中に企画されているその他のイベントをご紹介します。


●「スカイバスin京都・東山花灯路2008」特別試乗会

京都の市街を走る”360°まる見えオープントップバス”「スカイバス」が無料で試乗できます。

【運行日時】3月14日(金)〜16日(日)
【運行時間】14:00/15:00/16:00(一日3便)

【運行ルート】高台寺駐車場⇒祇園⇒岡崎公園⇒神宮道⇒知恩院⇒高台寺駐車場 (所要時間約25分)

注意事項
※途中下車はできません。
※各便とも、13:00〜高台寺公園総合案内所にて整理券を配布(先着順)
 (事前の予約席はありません。)
※雨天時には運行を中止する場合があります。(当日現地決定)

お問い合わせ先
電話:075-223-5571(JTB京都支店 9:30〜17:30[土日祝休業])

詳細は、京都観光バス 360°まる見え「スカイバス京都」のHPでご覧くださいませ。http://www.skybus-kyoto.jp

●スカイバスは定期観光バスとして3月20日〜6月8日の間に運行予定です。

そよ吹く風の中、オープントップバスで京都の街を駆け抜けるのも気持ちがいいでしょうね!特に桜の花びらが舞う桜の時期なんかは、最高ですね!
私もぜひ一度試乗してみたいものです。^^

京都 観光

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都・東山花灯路の期間中、特別拝観とライトアップをしている寺院・神社をご紹介します。

圓徳院(えんとくいん)
ねね(北政所)が余生を送ったところです。
国の名勝指定「北庭」と「方丈前庭」がライトアップされます。

【時間】17:00〜21:30(受付終了)「昼の拝観は10:00〜16:30、大人500円」
【拝観料】大人 500円 / 中高生 200円
【問い合わせ】電話075-525-0101
【アクセス】市バス東山安井下車

高台寺(こうだいじ)
高台寺は、ねね(北政所)が開創した寺です。境内の重要文化財をはじめ、名勝庭園、臥龍池の「水鏡」、竹林などがライトアップされます。

【時間】17:00〜21:30(受付終了)「友禅苑の昼の拝観は9:00〜17:00、大人600円」
【拝観料】大人 600円 / 中高生 250円
【問い合わせ】電話075-561-9966
【アクセス】市バス東山安井下車

清水寺(きよみずでら)
「清水の舞台」でも有名な清水寺は、西国三十三ヶ所霊場の第十六番札所です。ライトアップによって国宝の本堂をはじめ堂塔伽藍の美しさが浮かび上がってきます。また市街の夜景も一望できます。

【時間】18:30〜21:30「通年拝観は6:00〜18:00、大人300円・小中生200円」
【拝観料】大人 400円 / 小中生 200円
【問い合わせ】電話075-551-1234
【アクセス】市バス五条坂または清水道下車

法観寺(ほうかんじ)
京都・東山のシンボルでもある五重の塔「八坂の塔」がライトアップされます。

【時間】10:00〜16:00「不定休・夜間拝観はありません」
【拝観料】大人 400円 
【問い合わせ】電話075-551-2417
【アクセス】市バス東山安井または清水道下車

京都 観光

京都で片泊まりができるお宿・町家をご案内いたします。

京都・東山花灯路の期間中、特別拝観とライトアップをしている寺院・神社をご紹介します。

青蓮院(しょうれんいん)
天台宗比叡山延暦寺の京都五ヶ室門跡のひとつ、皇室と関わりが深い格式の高い寺院です。また青蓮院のご本尊は光そのものといわれています。幻想的な庭園と神秘的な世界をライトアップで表現します。

【時間】18:00〜21:30(受付終了)「昼の拝観は9:00〜16:30」
【拝観料】大人 800円 / 小中高生 400円
【問い合わせ】電話:075-561-2345
【アクセス】市バス知恩院前か神宮道下車、または地下鉄東山駅下車

知恩院(ちおんいん)
知恩院では、国宝の三門がライトアップされ特別公開の友禅苑から眺める三門は優雅で華麗な世界を照らし出します。友禅苑にはお茶席も設けられています。

【時間】17:30〜21:00(受付終了)「友禅苑の昼の拝観は9:00〜16:00」
【拝観料】大人 500円 / 小中生 150円
【問い合わせ】電話:075-531-2157
【アクセス】市バス知恩院前下車、または地下鉄東山駅下車

八坂神社(やさかじんじゃ)
通称「祇園」(ぎおん)さんと呼ばれ、全国にある祇園社の総本社です。
西楼門がライトアップされ、境内にある108つの灯籠に灯りがともります。

【時間】日没〜21:00(境内自由)「本殿公開は10:00〜16:00」
【拝観料】大人 500円 / 小中生以下 300円
【問い合わせ】電話:075-561-6155
【アクセス】市バス祇園下車

スポンサードリンク
京都片泊まり プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


お気に入りに追加


人気ブログランキングへ